黄(膿疱性)にきび|美容医療・美肌治療の湘南美容皮膚科

翻訳 en中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック

SBC湘南美容外科

  • 0120-376-300

SBC湘南美容外科

施術一覧
お悩み別一覧
料金一覧
ドクター紹介
フォトギャラリー
体験談
モニター募集
クリニック案内
今月のおすすめ治療
BNLS
ボトックス
ワキボトックス
医療脱毛VIO
美容皮膚科 TOP施術一覧にきび・にきび跡の治療 > 黄(膿疱性)にきび
にきび専門治療

黄(膿疱性)にきび

図 黄(膿疱性)にきびとは、膿をもって化膿したにきびの最終段階です。化膿した状態が黄色にみえるので、黄にきびとよばれます。

アクネ桿菌やブドウ球菌が繁殖して重度の炎症を起こすと、毛穴にクリーム色の膿が溜まって腫れあがります。毛穴の周囲の皮膚組織では、大きな炎症を起こすため、毛穴の周囲の皮膚組織が破壊されてしまいます。

黄にきびの状態ですと、毛穴の周囲の皮膚組織は、多くの場合が真皮まで傷ついてしまうため、にきびの炎症が治まった後も、クレーターや赤み、シミのように見える色素沈着といった跡が残ってしまいます。

真皮の細胞は、一度壊れると再生するのに時間がかかったり、真皮を作ることが難しい場合もありますので、にきび跡の凹凸(クレーター)ができてしまうと、完全に元の肌に戻すことが難しいのです。にきび跡の凹凸(クレーター)を完全に元の肌に戻すことは難しいですが、目立たなくさせる治療はございます。にきび跡を残さないためにも、黄にきびまで悪化させないように、早めにクリニックを受診しましょう。

黄(膿疱性)にきびのケア

黄にきびは、重度の炎症を伴っているため、日常のお肌のケアだけで治すことは難しい状態です。ですので、赤にきびと同様に黄色にきびになる前に、しっかりとしたケアや治療をして予防することが大切です。

黄にきびのケアは、まずお肌の清潔を保ちます。洗顔の際には、まず手をよく洗い、お肌に優しい固形石けんなどをよく泡立てます。決してゴシゴシ擦らずに、やさしく洗います。すすぎの際も、温度が低めのぬるま湯で、洗顔料が残らないようにすすぎます。タオルで優しく押さえて水分をきります。

しっかりと良質な睡眠をとり、バランスの取れた食生活、ストレスを溜めない環境を作るなど、睡眠不足やストレスによって、ホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

黄にきびは、重症化したにきびですので、にきびの炎症が治まった後も、クレーターや赤み、シミのように見える色素沈着といった跡が残ってしまいます。できるだけ早くクリニックの治療を受けることが大切です。

ケア方法

黄(膿疱性)にきびの治療方法

メディカルエステティックでおすすめの治療としては、炎症を早く抑えるために、抗生物質の内服薬・外用薬の処方や、アキュタン・ロアキュタンといった皮脂の分泌を抑える内服薬の処方も行っております。
黄にきびは、もっとも重症化したにきびですので、レーザー等の治療が適さない場合もございます。お早めに医師の診察を受けましょう。


にきび・にきび跡の治療なら湘南美容皮膚科。美容皮膚科、メディカルエステティックではにきび・にきび跡 の治療を専門に行っています。白にきび、黒にきび、赤にきび、黄にきび、にきび跡、凹凸、色素沈着の治療ならお任せ下さい。
Copyrightc Shonan Beauty Clinic All Rights Reserved.