白にきび|美容医療・美肌治療の湘南美容皮膚科

翻訳 en中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック

SBC湘南美容外科

  • 0120-376-300

SBC湘南美容外科

施術一覧
お悩み別一覧
料金一覧
ドクター紹介
フォトギャラリー
体験談
モニター募集
クリニック案内
今月のおすすめ治療
BNLS
ボトックス
ワキボトックス
医療脱毛VIO
美容皮膚科 TOP施術一覧にきび・にきび跡の治療 > 白にきび
にきび専門治療

白にきび

白にきびとは、毛穴に角質や皮脂が詰まっている状態です。毛穴に詰まったものによって、皮脂が外に出ることができずに、皮膚が盛り上がった状態で、にきびの初期段階です。閉鎖面皰とも呼ばれます。

白にきびの原因としては、大きく2つあります。1つは、ターンオーバーの乱れによるものです。メイクをしたまま眠ってしまったり、日ごろのお肌のケアを怠ることにより、毛穴に汚れや古い角質が溜まっていき毛穴を塞いでしまうのです。毛穴が塞がれてしまっても、皮脂は分泌されますので、皮脂の排出ができずに、コメドを形成します。この状態が白にきびです。

もうひとつは、皮脂の過剰な分泌です。皮脂が外に出にくくなっている白にきびの状態で、過剰に皮脂が分泌されると、当然毛穴の中に溜まりやすくなります。ストレスなどでホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの関与から皮脂の分泌が過剰になります。また、生理前は黄体ホルモンの分泌が増えるため、皮脂の分泌が過剰になります。生理前になるとにきびが増えるのは、黄体ホルモンが男性ホルモン様の働きをするためです。

皮脂の過剰な分泌は、食生活で脂っこいものを多く摂取したり、お肌が乾燥していても起こります。
お肌が乾燥していると、皮脂分泌を促して乾燥状態を改善しようと働くのです。毎日の食生活に気をつけたり、しっかり汚れを落とした洗顔後は、しっかりと保湿するといったことで、皮脂が過剰に分泌されるのを予防することができます。

白にきびのケア

白にきびの日常ケアとしては、ターンオーバーの乱れが起きないようにメイクをしたまま寝たりしないこと、しっかり汚れを落とした後は保湿をしっかり行うことです。また、良質な睡眠とバランスの取れた食生活、ストレスを溜めない環境を作ることなど、普段からのちょっとした心がけで予防できることもあります。

それでも治らない白にきびは、クリニックでの治療をおすすめします。自分で毛穴の詰まりを押し出したりすると、かえって毛穴が開いてしまったり、跡が残ったりします。白にきびは、にきびの初期段階ですので、適切な治療を行うことによりキレイに治すことができます。是非一度ご相談ください。

白にきびの治療方法

メディカルエステティックでおすすめの治療としては、古い角質を溶かして、お肌のターンオーバーを整えるピーリング治療、にきびに有効な成分をお肌に浸透させるイオン導入、毛穴の開きに効果のあるCO2フラクショナルレーザーなどがございます。


にきび・にきび跡の治療なら湘南美容皮膚科。美容皮膚科、メディカルエステティックではにきび・にきび跡 の治療を専門に行っています。白にきび、黒にきび、赤にきび、黄にきび、にきび跡、凹凸、色素沈着の治療ならお任せ下さい。
Copyrightc Shonan Beauty Clinic All Rights Reserved.