にきび跡の凹凸|美容医療・美肌治療の湘南美容皮膚科

翻訳 en中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック

SBC湘南美容外科

  • 0120-376-300

SBC湘南美容外科

施術一覧
お悩み別一覧
料金一覧
ドクター紹介
フォトギャラリー
体験談
モニター募集
クリニック案内
今月のおすすめ治療
BNLS
ボトックス
ワキボトックス
医療脱毛VIO
美容皮膚科 TOP施術一覧にきび・にきび跡の治療 > にきび跡の凹凸
にきび専門治療

にきび跡の凹凸

図 にきびの炎症や化膿が重度な場合はにきび跡の凹凸(クレーター)が残ってしまいます。

にきびの炎症や化膿が重度な場合は、多くの場合が真皮まで傷ついてしまうため、にきび跡の凹凸(クレーター)が残ってしまいます。

赤にきびや黄にきびが重度の炎症を起こすと、毛穴の周囲の皮膚組織が破壊されてしまいます。にきびの重症度にもよりますが、表皮の一番下の基底層まで炎症が及んでいる場合と、基底層を越えて真皮層まで炎症が及んでいる場合で、にきび跡の凹凸(クレーター)の改善に差があります。つまり、にきびの炎症が浅い場合と、深い場合です。

にきびの炎症が深い場合は、お肌の真皮の細胞が傷ついてしまっています。真皮は、一度壊れると再生するのに時間がかかったり、真皮を作ることが難しい場合もありますので、にきび跡の凹凸(クレーター)ができてしまうと、完全に元の肌に戻すことが難しいのです。にきび跡の凹凸(クレーター)を完全に元の肌に戻すことは難しいですが、目立たなくさせる治療はございます。

にきびの炎症が浅い場合は、お肌の基底層という、表皮の一番下の層までのダメージです。こちらのダメージは、炎症が深い場合に比べると時間がかからずに改善することができます。

以上のことより、にきび跡の凹凸(クレーター)を改善するのは大変ですので、まずは、にきび跡を残さないようにするために、にきびを放置しない、悪化させないことが大切です。

にきび跡の凹凸のケア

にきびの炎症や化膿が重度な場合は、多くの場合が真皮まで傷ついてしまうため、にきび跡の凹凸(クレーター)が残ってしまいます。

にきび跡の凹凸は、日常のお肌のケアでは治すことは難しいので、クリニックでの治療をおすすめします。

 

ケア方法

にきび跡の凹凸の治療方法

メディカルエステティックでおすすめの治療としては、お肌の再生を促すCO2フラクショナルレーザーなどがございます。


にきび・にきび跡の治療なら湘南美容皮膚科。美容皮膚科、メディカルエステティックではにきび・にきび跡 の治療を専門に行っています。白にきび、黒にきび、赤にきび、黄にきび、にきび跡、凹凸、色素沈着の治療ならお任せ下さい。
Copyrightc Shonan Beauty Clinic All Rights Reserved.